【湘南美容外科】VIO脱毛の留意事項を解説

VIO脱毛

皆さんこんにちは、ひげだるま涙みせないです。

僕は先日、湘南美容外科で1回目のVIO脱毛を受けてきました。

datsumou-higedaruma.com
1970.01.01
https://datsumou-higedaruma.com/%e3%80%90%e6%b9%98%e5%8d%97%e7%be%8e%e5%ae%b9...
https://datsumou-higedaruma.com/%e3%80%90%e6%b9%98%e5%8d%97%e7%be%8e%e5%ae%b9%e3%80%91%e5%88%9dvio%e8%84%b1%e6%af%9b-in-%e6%b9%98%e5%8d%97aga%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b%e9%99%a2/

初めてのVIO脱毛ということでまずは入念なカウンセリングを行いました。

 

カウンセリング受けている中で、VIOならではの留意事項がいくつかあったのでこちらに書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

VIOの照射範囲(湘南美容外科)

まず、湘南美容外科でVIO脱毛をする際の照射範囲についてです。

IラインとOラインはご想像通りの照射範囲になりますが、「Vラインはどこから?」「竿と玉は脱毛できるの?」とVラインの範囲が分かりづらいかもしれません。

Vラインの範囲はどこから?

まず、Vラインの範囲は腰骨(骨盤)の下からになります。
なのでたいてい人の場合、Vラインの毛が生えている範囲よりも広い範囲を照射いてもらえます。

ちなみに、お腹脱毛の範囲は腰骨(骨盤)の上からになります。上と下を骨を基準に分けているんですね。

竿と玉は脱毛できる?

そして、メンズのモノは竿と玉になりますが、竿と玉は照射できるのでしょうか。

答えは、脱毛できます。

しかし、竿の上部に生えている毛は施術できない場合があるので注意です。

僕の場合は竿に生えている毛すべて照射してもらえたので、多くの人は竿の毛もすべて脱毛してもらえるかと思います。

VIO脱毛の痛み・回数

VIO脱毛は痛みが強い部位になります。巷では、「ヒゲの脱毛と同じくらい痛い」「いやいやヒゲの脱毛より痛いよ」と言われておりますが。

実際のところ、確かに痛いです。特にどこが痛いかと言いますと、肌が黒くなっている部分です。

Vラインの毛を剃ったことがある人なら分かるかと思いますが、VIOは他の部位に比べて肌が黒くなっていることが多いです。

そしてレーザー脱毛は黒色に反応することで毛が抜けるわけですが、肌が黒いと当然肌にも反応してしまいます。

レーザーが肌に反応する分、痛みも強く感じられます。

もしレーザーの出力を強くしすぎてしまうと、火傷を起こしてしまう可能性も出てきます。

VIOのことをデリけーどゾーンと言いますが、脱毛する上でも非常にデリケートな部位なんですね。

出力を上げられない

VIOは上記に書いた通り、肌が黒く火傷の可能性が高いため、他の部位よりも出力を上げられません。

出力を上げられないので、他の部位よりも効果が感じられづらいと言われています。

他の部位よりも痛みを感じやすいが、効果は感じづらいという難しい部位になります。

VIO脱毛は機械を重ねられない

また、VIO脱毛のカウンセリングを受けたことがある人は「VIOは重ねて照射できません」と言われるかと思います。

上の画像の機械が湘南美容外科でよく使われる脱毛機器「アレキサンドライト」になります。
アレキサンドライトの先端に黄色の輪っかがありますが、この輪の内側が一回の照射の範囲になります。

この輪っかの端は肌にくっついているため、通常はこの隙間をカバーするように照射をしていきます。

しかしVIOの場合は「重ねて照射できない」、つまりこの端に空いた隙間に照射することはできないということです。

「じゃあ所々に円形に毛が生えてきちゃうじゃん」と思うかもしれませんが、僕のVIO脱毛を経過を見るに、照射漏れと思われる箇所はほとんどありません。それほど心配する必要はないでしょう。

 

ひげ脱毛

まとめ

これまでVIO脱毛の留意事項を書いてきましたが、VIOの脱毛を始めて後悔はありません。

デリケートな部分が故に回数がかかるかもしれませんが、全身の清潔感を求めて、涙みせない。

特に竿と玉の毛って普段はそう気になりませんが、脱毛してみると清潔感が全然違って見えるので興味がある人はぜひ一度。

をわり

 

【ヒゲ脱毛】オトコの根こそぎレーザー脱毛

公式サイトはコチラ 公式サイトはコチラ

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました